はじめの零点五歩

emiemi0807.exblog.jp ブログトップ

懐かしい香り




c0246290_20432951.jpg




ここは南木曽 

まもなく清内路峠という山の中

ろくろの里に入って一番手前のお店

ヤマト小椋商店の灯りです



ろくろで挽いた薄い薄い木を笠にしていて

あまりに薄いゆえに折れたりかけたりしているのですが

それがまた味となり

独特の世界を作っています



南木曽に住んでいた頃から懇意にしていただいていたこのお店

木を愛してやまない先代が集めた高価な木々が目を引きます

私が「気配り」を教えていただいたのはこの先代の奥様

お客様に対する気配りは素晴らしく

ちょっとお店でお手伝いをさせていただいた時に

それを目の当たりにし

今の私に大きな影響を与えてくださいました



ロケの途中でお寄りしたのですが

奥様は以前と変わらずやわらかくそして思慮深い立ち振る舞いで

私はそれだけで嬉しくなってしまいました

いつまでも私の目標でいてほしいと思います



窓に映る白い灯りを見つめていたら

過去の自分と今の自分が

行ったり来たりしていました



久しぶりに訪れた雨の南木曽は懐かしい香りに包まれていました



[PR]
by emiemi0807 | 2014-10-22 21:53 | 思い | Comments(0)
line

安曇野よりあなたへ


by emi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite