はじめの零点五歩

emiemi0807.exblog.jp ブログトップ

欲しいよ~!

c0246290_00202064.jpg



このくらいの年齢のお嬢さんは
転ぶ・・なんて全く考えていないんだよな~

まずそこを考えてしまう私


あ~~~
イヤだ イヤだ!


「若さ」に嫉妬しております・・・


はい
わかっています


どんなに頑張ってファンデ塗っても
どんなにお金を積んでも(無いけど・・)
どんな魔法をかけても
もう若くなんてなれないってことは
百も承知だけど
ついつい思ってしまうんですよ


それが
「年をとった」ということなんでしょうね


昔40代のころ
仕事先の社長に
「女は40からだよ・・ウヒウヒ」
と言われたことがあったけど
確かに
40代はまだまだ熟した果実のような
ちょっと危ない色香があったと思うけど・・


50代は・・?
ましてや60代は・・??
(あくまでも私のことですが・・)


同年代の同僚と
昨日壁に寄りかかって立ち話をしていたとき
「私たちが立ってても壁の花って呼ばれないよね~」
「う~~ん 良くても壁のドライフラワーだよね~」
「商店街に飾ってある埃かぶった造花じゃない?」
「遠目で見ても花に見えない・・・ナットク!」
っていう会話が・・
(乾いた笑い有り)


最近自虐ネタで
ばあば連は寂しく盛り上がっているのです


あ~~~あ


滑っても転ばない機敏さと
ひと目で相手の名前が分かる記憶力と
ファンデ塗ったら余計にシワが目立つ・・なんてことのない肌と
黒くたっぷりの髪の毛を


神様 私にください!

















[PR]
by emiemi0807 | 2017-02-04 09:05 | 思い | Comments(8)
Commented by HiroPhoto1690 at 2017-02-04 20:12
飲み会などでたまに乗る電車でドアのガラスに映る自分の顔をを見て引くことがあります(笑)

男子は日ごろ鏡をあまり見ませんから^^;
Commented by flat_white at 2017-02-04 22:13
私、40代後半を迎えていますが、
悪あがき(?)で、先日コラーゲンの粉末を買いました。
何となく毛穴が目立たなくなったような…?(気のせい)

老化は自然の流れなのですが、
実年齢よりは若く見られたいですよねぇ。
その女心が大切なんだと、自分に言い聞かせています。
年を重ねても、美しく髪を整え、紅をさすおばあちゃま達は本当に素敵で憧れます。
エミーさんは活動的で、とっても素敵だと思いますよ!
もちろんロビーさんも^^
Commented by emiemi0807 at 2017-02-05 00:23
> HiroPhoto1690さま
こんばんは!
電車にはほとんど乗らないのですが
確かに東京などで電車に乗ると
いやでも自分の顔が窓に映りますね(^_^;)
怖い 怖い! (笑)
コメントありがとうございました^^
Commented by emiemi0807 at 2017-02-05 00:35
> flat_whiteさま
コラーゲン・・しかも粉末 〆(._.)メモメモ
(笑)

美しくありたいと思うことが大事なのですね
褒めていただいてありがとうございますm(_ _)m
でも二人とも最近はコタツに入りテレビを見てうたた寝をする日々
ちょっと前までこんなことはなかったのですが・・(^_^;)



Commented by goldfish3003 at 2017-02-06 10:29
ふと鏡に映った自分の顔の疲労感にギョッとするときが^^;
あーやだやだ(笑)。
写真、素敵!
こういうの、大好きです。
Commented by emiemi0807 at 2017-02-06 17:48
> 金魚さま
え~~!
金魚さんがギョッとするなんて!
私なんて恐ろしくて鏡を通しての現実が見られませんヽ(;▽;)ノ
でも
認めないと・・と、ホントは思っているのですが・・・(苦笑)

写真 褒めていただいてありがとうございます^^
Commented by ruunouta at 2017-02-08 01:06
笑っちゃいけないとこなんだろうけど
emiさんがなんだか可愛くて
笑ってしまいました(*≧∀≦*)
最近お化粧するとシワが余計目立つ...
わかる、わかる〜でした(。-∀-)
20年前に戻って
お肌のお手入れをやり直したいです(笑)
Commented by emiemi0807 at 2017-02-09 07:10
> ruuさま
笑ってやってください(笑)
ruuちゃんが「わかる~」・・なんて!
きっとシワの深さは
私の半分位だとは思いますが
でもそんなふうに賛同していただけて嬉しいです^^
line

安曇野よりあなたへ


by emi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite